■MotoGPのあゆみ

2年間7戦で残されたこと
photo

 たった7戦で7ポイントを挙げられるとは、3年前のMotoGP関係者の誰が予想したであろう。しかしモリワキが手に入れたのは世界の賞賛だけはない。

 まず、森脇護のマシン造りが間違っていなかったことを確認した。多くの勉強をしながら、30年間取り組んできたマシン造りの方向が間違っていなかったこと、これは大きな自信となった。200数十馬力を前にして、数々の難しさが立ちふさがった。しかし壁を乗り越えながらもMD211VFの基本設計は間違っていなかった。そのオートバイ設計の基本コンセプトはMH80の延長線上にある。

 そしてプロジェクトを通して多くのファン、そして理解者に応援された。その理解者の中にはホンダの福井社長、池ノ谷取締役、吉村取締役そしてホンダレーシングの金澤社長を筆頭とするホンダの人々がいた。自らのV5エンジンを使ってモリワキがどんなマシンを作ってくれるのか。純粋に楽しみにしてくれたのだ。レース前に応援に来てくれる人々は本当に楽しそうで、結果に一喜一憂してくれた。

 その輪は広がり、スポンサーにも恵まれた。「タイガー魔法瓶」が応援してくれたのはその代表的な例だろう。同社の菊池社長はカメラを手にもてぎに来て、ピットの中でスタッフの一員としてジャックを応援した。初めての得難い経験となった。テクニカルスポンサーのダンロップもニッシンも、このプロジェクトは大きな財産となった。MotoGPという最高峰の世界で開発する難しさを体験し、そのデータはモリワキとの共通財産となった。
モリワキはRC211VのV5エンジンを莫大なレンタル料を払って借りたが、その収穫はレース結果だけではなく、人とのつながりにも現れた。

 そしてモリワキのスタッフである。メカニックだけではない。プロジェクトを経験したすべてのモリワキの人々が世界の頂点を経験した。この経験はすべてのモリワキの製品に活かされていくだろう。