×

RIDER

  • 名前 高橋 裕紀
    出身 埼玉県
    誕生日 1984年7月12日
    ゼッケン 72
    参戦クラス JSB1000
  • 名前 清成 龍一
    出身 埼玉県
    誕生日 1982年9月23日
    ゼッケン 88
    参戦クラス JSB1000

RACEREPORT

Round.9 SUZUKA / JSB1000

11月5日(日)決勝レース

MORIWAKI MOTUL RACING 高橋裕紀・レース1:11位、レース2:8位

清成龍一・レース1:10位、レース2:7位で今シーズンのレースを終える

RELEASED:2017.11.5 フォトギャラリー

全日本ロードレース最終戦「2017 49th MFJ GRAND PRIX SUPERBIKE RACE in SUZUKA」の決勝レースが開催された。最終戦は4日間とも天候に恵まれ決勝日も朝から快晴、絶好のレース観戦日和となり大勢のモリワキファンが詰めかけた。

決勝レースはレースウィーク中で最も路面温度が低いと予想されたため朝のウォームアップ走行で低温に適したタイヤをテストしながらの走行を行う。結局二人とも昨日までのタイヤで決勝レースに臨むことにした。清成2分8秒006、高橋2分8秒512のタイムで7番手、9番手につける。

 2レース制のため、朝のウォーミングアップ走行から2時間後には決勝レース1がスタートする。レース1は8周の超スプリントレース。しかし、スタート前のウォームアップ走行でコース上にマシンがストップしてしまったためスタートディレイ、1周減算の7周のレースでスタートした。 オープニングラップを清成は7番手、高橋は12番手で通過する。超スプリントのレース1、序盤から飛ばして上位グループに加わりたかった2台だが、スタートディレイでタイヤが冷えてしまったのか2台ともペースを上げられない。3周目に2分7秒台に入れるものの、4周目からは2分8秒台、9秒台の厳しい走行が続く。 レース1は、清成10位、高橋11位でチェッカーを受けた。

 今年最後の決勝レースは20周。高橋は7番グリッドから、清成はグリッド上でタイヤ交換を行い10番グリッドからスタートした。 オープニングラップを高橋8番手、清成11番手で通過する。高橋は2周目に2分7秒427のベストタイムを出した後は2分8秒台のラップタイムが続く。 清成は3周目に2分7秒361のベストタイムを出した後も7秒台で周回を重ねて徐々に順位を上げ、6周目には高橋の真後ろ9番手につける。しかし7周目の二輪シケインで他車との接触を避けるためにオーバーラン、すぐにコース復帰するも11番手まで順位を下げてしまう。 レース中盤、高橋が思うようにペースを上げられない。12周目には9秒台までペースダウン。清成は8秒台中盤で周回すると13周目に高橋をかわして8番手に浮上する。清成はレース中盤から終盤も2分8秒前半のタイムで周回を重ね7位でゴール。高橋はその後8秒台後半までペースアップして8番手でチェッカーを受ける。

今シーズンのMORIWAKI MOTUL RACINGのレースは終了した。 厳しいレースウィークを過ごすこともあったが、今年は清成が加入して2台で各サーキットのデータを収集することができた。来シーズンの体制発表を行ったMORIWAKI MOTUL RACING。今年に引き続き高橋裕紀、清成龍一の2名体制で更なる高みを目指して最高峰クラスの闘いに挑む。 今シーズンの熱いご声援をありがとうございました。来シーズンの活躍にご期待ください。

高橋選手コメント
「先ずは一年間、みなさまからの熱いご声援をいただけたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。鈴鹿サーキットは鈴鹿8耐でデータを取れていたのでもう少し上手く走れるかと思っていたのですが、このレースウィーク初日からの気温や路面コンディションとの相性などの問題からグリップに悩まされました。チームが走行を重ねる毎にセッティングでバイクを良くしてくれてグリップを出せるようになりました。レース1はスプリントレースでがむしゃらに行ったのですが、気温の低さとスタートディレイでタイヤの温度が上下した影響からか、昨日までのフィーリングが変わってしまい、グリップを引き出す事なく終わってしまいました。 レース2はセッティングをアジャストして同じタイヤで臨みました。レース1で生じた序盤からグリップが出せないと言う問題点は克服されて10周過ぎまでは良いペースで走ることができていたのですが、中盤からはグリップダウンに悩まされて最後は苦しい走りになってしまいました。転倒することなく完走して来年に向けてのデータを収集できたことは良かったかな、と思います。チームとスタッフのおかげで無事に一年間を走ることができたことに感謝したいと思います。来シーズンもさらに上を目指して頑張りますので、引き続き応援のほどを何卒よろしくお願いいたします。」

清成選手コメント
「レース1は、サイティングラップ、ウォームアップで温めた後にディレイ、さらにウォームアップで1周走ったことでタイヤに影響が出たのか、スタートしてすぐにグリップダウンしてしまいました。スプリントレースなので序盤から飛ばしていこうと考えていたのですが、この状況では最後までタイヤを保たすことに集中せざるを得なく、非常に厳しいレースでした。 レース2では、自分は普段やらないのですがグリッドでタイヤを交換することにしました。それが功を奏してレース1のような序盤からグリップダウンすることなく走行することができました。タイヤを温存する走りができてきていれば序盤2分7秒前半で走って後半抑える走りができていたと思うのですが、決勝レース中にマシンにマイナートラブルが生じてしまい、さらには200Rのコースアウトなどで、離れて追いつく、離れて追いつく、を繰り返していく中でタイヤを使ってしまい、レース中盤から後半はグリップダウンに悩まされました。もう少し上位でフィニッシュしたかったのですが残念です。 ですがこのレースウィーク4日間を通して先に繋がる方向性を見つけたり、データの収集ができたので来年に向けて良い道筋が見えました。 来年もモリワキで走ることができるので、今年一年間かけて収集したデータを元に、来年はもっとマシンの戦闘力を上げて上位争いができるような位置にいたいと思います。  今年一年間モリワキへの熱いご声援をありがとうございました。来年も頑張りますので引き続き今後とも何卒よろしくお願いいたします。」

11月4日(土)公式予選
最終戦鈴鹿。高橋裕紀、清成龍一共にQ2進出。清成はレース1:5番グリッド、レース2:10番グリッド、
高橋はレース1:10番グリッド、レース2:7番グリッドから明日の決勝レースに臨む。

RELEASED:2017.11.4 フォトギャラリー

全日本ロードレース最終戦「2017 49th MFJ GRAND PRIX SUPERBIKE RACE in SUZUKA」が三重県:鈴鹿サーキットで開幕した。  満を持して投入した新型CBR1000RRにモリワキオリジナルチューニングを施したHonda CBR1000RR モリワキ改で参戦を開始した2017年。チームメイトに清成龍一を迎え、高橋裕紀との2台体制で臨んできたが新型マシン1年目の産みの苦しみを味わいなかなかそのポテンシャルを発揮できずにいた。 しかし前戦岡山大会で高橋裕紀が3位表彰を獲得。モリワキが最高峰クラスに復帰して初めての表彰台を獲得した。その勢いに乗り、地元でもある鈴鹿サーキットで有終の美を飾るべくチームとライダーは準備を重ねてきた。

 今大会はMFJグランプリとして開催され、2レース制となり、各ポイントに3ポイントがボーナスポイントとして加算される。木曜日に特別スポーツ走行が開催されレースウィークがスタートした。 2本行われた特別スポーツ走行で清成が6秒台も見える2分7秒274をマークして総合5番手につける。高橋はセットアップに集中し2分8秒863で11番手。

 金曜日のART合同走行。清成がついに6秒台に入れる2分6秒571で1本目の3番手につける。高橋はセットの確認をしながらの走行で2分8秒089。午後に行われた2本目、強い風が吹き1本目に比べると路面温度が下がってきたが清成は2分6秒736、高橋もタイムアップを果たして2分6秒895をマークする。ART合同走行は清成が総合3番手、高橋が総合5番手の好位置につけ、公式予選に臨んだ。

 土曜日、朝から晴天であったがJSB1000クラスの公式予選が始まる頃に雲が広がりはじめ気温が一気に下がった。予選はノックアウト方式が採用された。全車走行する30分間のQ1の結果がレース2のグリッドとなり、上位10台はQ2に進出する。Q2は15分間のタイムアタックで第1レースのポールポジションから10番グリッドまでを決める。11位以下はQ1の結果を反映する。

 Q1、高橋は決勝レース用タイヤでコースイン、Q2進出を決めるタイムを出したかったが周りのタイムアップが想像以上に早く残り時間5分を切った時点で11番手。ソフト目のタイヤの使用を決断してファイナルラップに2分6秒941をマーク、一気に7番手にアップしてQ2進出を果たす。明日のレース2は7番グリッドからスタートする。

 レースウィークに入ってからマシンのフィーリングに好感触を得て6秒台をマークしていた清成、レース用タイヤでコースインして3周目に2分7秒223をマークする。6秒台が見えていたが130Rでコースアウトしてしまいタイムを詰め切れなかった。Q1は10番手でQ2進出を決める。レース2は10番グリッドからのスタートとなる。

 Q2は15分間のタイムアタック。高橋はQ2で履く予定だったタイヤをQ1 で使用してしまったため決勝レース用のユーズドタイヤコースイン、決勝を見据えたセットの確認に費やし、2分8秒130でQ2は10番手。レース1を10番グリッドからスタートする。  清成は2分7秒3から入り2周走行した後にソフト目のニュータイヤでコースイン。ファイナルラップに6秒台に入れる2分6秒371をマークしてQ2は5番手。レース1は5番グリッドからスタートする。

明日の決勝レースは2レース行われる。レース1は超スプリントの8周、レース2は20周、レース戦略が違う難しい一日となるがMORIWAKI MOTUL RACINGは上位進出を目指してセットアップを詰める。

高橋選手コメント
「難しい闘いになるなと覚悟はしていたのですがチームが昨日(ART合同走行)より走りやすいバイクに仕上げてくれました。昨日からセッティングを詰めるところがたくさんあり、昨日のベストタイムからさらにタイムを詰めるべくセッティング多少変えてQ1の序盤を走ったのですが思っていた以上の効果を感じられなかったので一度戻って元のセットに戻しました。Q1は決勝用のタイヤでQ2に進出できるタイムを出したかったのですが、序盤の走行でタイヤの美味しい部分を使ってしまいタイムが伸びずQ1終盤で11番手だったのでQ2用に取っておいたソフト目のタイヤを使わざるを得ない状況となってしまいました。6秒台に入れて7番グリッドを獲得しましたがもう少しタイムを詰めたかったです。 Q2では決勝レース用のタイヤに戻してさらにセッティングの確認ができたので決勝レースを見据えてできる限りのセッティングは詰められたと思います。 明日の決勝レースは厳しい展開が予想されますが、チームスタッフがデータの解析を含め最善のセットを検討してもらっているので全力で臨みたいと思います。」

清成選手コメント
「台風21号の被害の影響で東コースしか走れませんでしたが、前週の事前テストでフィーリングが良かったのでそのセットのまま今大会のレースウィークに入りました。木曜日の走り出しから問題が少なく、どうやってグリップを出すか、そのために何をすべきかが的確にわかっていました。そのおかげで(木曜日1本目の)ピットアウト直後から自分のペースに持って行けるほど順調な滑り出しで良い感触を得ていました。今シーズン、ここまでいろいろとセットの方向性やパーツを試してきて、合うレース、合わないレースを散々経験してきたベースがあるから最終戦のこの場で良い方向性で臨むことができていると思います。  明日の決勝レースはレース1が5番手、レース2が10番手からのスタートですが、両レースとも序盤の勝負だと思います。序盤でいけるだけ行って、ポジションを獲得したら最後までその位置でゴールできるように全力で攻めたいと思います。」

Round.8 OKAYAMA / JSB1000

10月1日(日)決勝レース
MORIWAKI MOTUL RACING最高峰クラス復帰後初めての表彰台。高橋裕紀が3位表彰台!
清成龍一も8位フィニッシュ

RELEASED:2017.10.1 フォトギャラリー

全日本ロードレース第8戦「スーパーバイクレースin 岡山」の決勝レースが開催された。
このレースウィークは好天に恵まれ、決勝日も雲が多いながらも晴天。大勢の二輪レースファンがサーキットに訪れた。

朝のウォームアップ走行、太陽が陰った分路面温度が上がらず、決勝レース用のタイヤをどうるすか判断を迫られた。高橋は予選で履いたタイヤよりも低い路面温度に適したタイヤを選択、清成はタイヤを変えずに臨む事にする。高橋1分29秒378、清成1分29秒383とほぼ同一タイムで5番手、6番手につける。

決勝レーススタート。高橋はアウト側に目一杯振って第1コーナーに2番手で進入する。清成は抜群のスタートを決め高橋に続いて3番手で第1コーナーに進入、そのままオープニングラッグをMORIWAKI MOTUL RACING2番手、3番手で通過する。

高橋と清成は2周目に早くも28秒台に入れ、高橋:1分28秒859、清成:1分28秒815のレースベストをたたき出し、トップの中須賀選手と遜色のないタイムで周回する。7周目まで高橋、清成のアベック走行を続けるが、この頃から清成はチャタリングに苦しめられ始め、ペースを上げられない。

高橋はタイヤのグリップがいつまで保つのか確証が持てない中、29秒フラットに近いタイムでタイヤをいたわりながら、でも攻めて走るという非常に難しい走行を演じる。さらにレース中盤以降バックマーカーを避けながらの走行となりラップタイムはさらに上げづらくなる。
そこへヤマハファクトリーの野左根航汰選手が後方から追い上げてきて18周目の第1ヘアピンで先行を許して3番手となる。

清成はチャタリングに悩まされながらも29秒台中盤で走行を続けるが、終盤には30秒台までペースダウン、悔しい8位でフィニッシュとなる。

高橋は、レース終盤、タイヤを大きくスライドさせてもラップタイムが大きく下がらないことを把握すると、その走行法で周回を重ね、そのまま3位でチェッカー!最高峰クラスに復帰してから初めての表彰台をMORIWAKI MOTUL RACINGにもたらした。

残すのは最終戦のみ。MORIWAKI MOTUL RACINGの地元である鈴鹿サーキットで有終の美を飾れるようにライダー、メカニック、チーム一丸となってマシンの更なる開発を行う。

高橋選手コメント
「本当に嬉しいです。予選は柔らかめのタイヤを使って出したタイムでしたので決勝レースタイヤでどこまで保つのか見えませんでした。しかも今日の路面温度では使えないことがハッキリしたので路面温度が低めでも機能するタイヤに変更しましたが、どんなタイムで走れて、どこまで保つのかが未知の世界で臨みました。
スタートは上手く決まって中須賀選手の後ろにつけました。せっかく良い位置にいるので自分にできる最高のタイムで走ることに集中しました。途中、野左根選手に追いつかれた時点ではミスしないように最大限の走りで走っていましたがそれ以上ペースを上げることができなかったので抜かれてしまいました。
レース中盤から終盤にかけてリアタイヤのスライドが大きくなりましたがコントロール制が高かったので良いラップタイムで走れました。
今回の表彰台は、最後まで保つタイヤを用意してくれたピレリさん、そのマシンセットを詰めてくれたメカニック、チーム、ブレーキのニッシンさん、そしてホンダさん、全ての人たちのおかげだと感謝しています。
次戦鈴鹿はモリワキの地元ですのでさらに頑張ります。」

清成選手コメント
「非常に厳しいレースでした。余裕が無い中で走っていたのですが想像以上に廻りのペースが速く追いつけませんでした。さらにチャタリングが出始めてからはラップタイムペースを上げられませんでした。8位と言う結果には全く満足していませんが非常に苦しいレース展開の中でここまで走れた事に対しては充足感はあります。
同じチームメイトの高橋選手が表彰台に上がったことは非常に嬉しく思いますが、反面自分が先ず登りたかった、との悔しい思いもあります。
今回の厳しいレースは事前テストで選択したセットアップの方向性を自分が間違えてしまったことが原因です。そのような状況の中でここまでマシンをまとめてセットアップしてくれたチームには感謝しかありません。岡山で出てきた課題の解決の方向性は見えたのでそこをクリアすればマシンはもっと良くなると思います。最終戦はモリワキの地元でもあるので納得のいくレースができるように自分自身をもっと鍛えます。」

9月30日(土)公式予選 岡山大会開幕。高橋裕紀は今季最高グリッド2番手、清成龍一もセカンドロー:5番グリッドから明日の決勝レースに臨む。

RELEASED:2017.9.30 フォトギャラリー

全日本ロードレース第8戦「スーパーバイクレースin 岡山」が岡山県:岡山国際サーキットで開幕した。コースは全長3,703m。メインストレート(約600m)とバックストレート(約700m)を合計13の中低速コーナーで繋ぐテクニカルサーキット。昨年末に路面補修が行われ、従来の低μ路面から改善された。レースウィークの一週間前の事前テストでMORIWAKI MOTUL RACINGは好感触を得ており、その流れのまま岡山入りした。

レースウィーク初日の金曜日、高い青空の清々しい気候の中ART合同走行が開催された。 高橋は確認を繰り返しながら24周を走行、1分29秒567をマークして5番手、2本目は1分29秒267を出し総合7番手につける。清成龍一は、マシンセットの確認に時間を要し思うように周回できず1分30秒001と29秒台に入れる事ができず総合11番手であった。清成は予選・決勝に向けて再度セットを組み直す。

迎えた公式予選も朝からカラリと気持ち良い晴天。予選はノックアウト方式が採用された。全車走行する40分間のQ1走行でエントリー39台から10台に絞り込む。11番グリッド以下はQ1の結果で決まる。Q2は上位10台による20分間のタイムアタック。Q2でポールポジションから10番グリッドが決定する。

高橋は早くも3周目に1分29秒181までタイムを刻む。一度ピットに戻り各部をアジャストして再度コースイン。決勝レースを見据えた20周のロングランを走行、安定して29秒台のラップで走行してQ2進出を果たす。

ART合同走行後のセットアップに好感触を得た清成は乗り出してすぐの2周目に29秒台に入れる。2回ピットインをして各部をアジャスト、最後のラップに1分29秒312をマーク。9番手でQ1を終え、MORIWAKI MOTUL RACINGは2台ともQ2進出を果たす。

Q2は15分間のタイムアタック。高橋は新品タイヤでコースイン、2周目にこの週末ベストの28秒台、1分28秒459に入れる。そのタイムが本人も驚く予選2番手となり今季最高グリッドのフロントローを獲得する。高橋はその後も28秒台で周回を重ね、明日の決勝への手応えを感じる。

清成のQ2は29秒台でラップした後、新品タイヤに交換してタイムアタックを行う。28秒台に入れる1分28秒676のレースウィークベストをマーク、5番グリッドを獲得する。

好感触を得たMORIWAKI MOTUL RACINGは、高橋:フロントロー、清成:セカンドローの好ポジションから明日の決勝レースに臨む。

高橋選手コメント
「予選2番手なんて獲れるとは思っていなかったので驚いています、もちろんすごく嬉しいです。 今大会は事前テストがありましたのでかなりセッティングが決まりました。しかし決勝用タイヤが昨日のART合同走行までに決まらなかったので、今日の予選は決勝レースのシミュレーションを想定して走りました。Q2に残れれば少し柔らかめのタイヤを履いて(Q1より)ポジションアップを図る、という事は事前に決めていましたが、ここまで順調に進むとは思いませんでした。
今回、ブレーキのパーツを一部替えたこともあり、良く曲がり、よく止まりました。チーム、ピレリさんがここまでの車体、タイヤを用意してくれたからだと感謝しています。 明日の決勝レースはこの順位のゴールは難しいとは思いますが、ひとつでも順位を上げられるように全開で挑むつもりです。」

清成選手コメント
「事前テストで新しいセットアップを試みてこの方向でいけそうという可能性を見つけたのが(テスト)二日目でした。レースウィークに入るとフィーリングが違い、金曜日のART合同走行はセットアップに時間を使いましたが、堂々巡りのような状態に陥ってしまいました。レースの現場に入っているのでできる事は限られていて、フロントのセットアップを変えてみようと昨日のART合同走行後にチームが必死に詰めてくれました。 金曜日まではどう頑張っても30秒台中盤だったのにQ1ではいきなり29秒5に入り、最後に29秒3までタイムアップ、それはチームの頑張りのおかげだとすごく感謝しています。Q1でコースに出て行った際に、明らかに“フィーリングが良くなっている”と感じました。 バイクは良い方向に仕上がってきているので明日の朝フリーで再度アジャストして、セカンドローと言う好ポジションなのでスタートを決めて上位入賞を目指します。」

Round.7 AUTOPOLIS / JSB1000

9月10日(日)決勝レース

高橋裕紀10位、清成龍一12位フィニッシュでオートポリス大会を終える

RELEASED:2017.9.10 フォトギャラリー

全日本ロードレース第7戦「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2017」の決勝レースが開催された。このレースウィークは好天に恵まれ、決勝日も朝から気持ち良い晴天。朝の7時には入場ゲート手前から大渋滞となるほどたくさんのお客様が来場した。

高橋裕紀11番グリッド、清成龍一16番グリッドと予選結果はふるわなかったが、前日に出ていた課題解決の対策を行い朝のフリー走行を迎えた。高橋は1分51秒565、清成はタイヤを交換して1分51秒139を計測、根本的解決には至らなかったが共に良い方向に向かっている感触を掴む。

四輪レースSUPER FORMULAとの併催のため、19周の決勝レースは午前10時20分にスタートした。スタート直後の集団に巻き込まれオープニングラップを高橋14番手、清成17番手で通過する。
清成は2周目に1分50秒659、3周目に1分50秒202のベストタイムを出して毎周毎にひとつずつ順位を上げていき、先行する高橋をかわして5周目には11番手に浮上する。
高橋は序盤、1分51秒台、52秒台で周回。6周目に清成の背後につけるとペースを50秒台に入れてペースアップ。8周目に1分50秒491の自己ベストタイムを出すと、清成の背後につけて周回を重ねる。

その後、清成と高橋は1分50秒中盤から51秒前半のほぼ同じラップタイムで周回、順位は変わらなかったが、高橋は17周目、清成の第2ヘアピン立ち上がりの僅かなミスを逃さず前に出る。その翌周も前を走る加賀山選手(スズキ)をパスして10位でチェッカーを受ける。
清成はそのまま12位でゴールした。

前戦もてぎに比べるとマシンのフィーリングが合わずに我慢のレースとなったMORIWAKI MOTUL RACING。しかしデータはキッチリと収集できたし、現状の課題も見えた。次戦岡山国際サーキット大会の事前テストが来週には始まるので、気持ちを切り替えて次戦に向けたマシンの開発を進める。

高橋選手コメント
「スタートは悪くなかったと思うのですが序盤で抜かれてしまいました。本当はセカンドグループの先頭に立って、トップグループに引っ張ってもらいながら上位進出を図りたかったのですがグループの後ろについてしまいました。
セッティングを変えて出ていったのですが、良いところと悪いところが出てきたので探りながら走っていました。前を行く加賀山選手と清成選手から一時期離されてしまったのですが、自分のリズムで走っていたら追いついて、二人を抜けました。ですが二人がミスをしたところを突いたのでタイミングも良かったです。
前戦もてぎのように先頭グループを見ながら闘わなければいけないと思うので、収集したデータを解析して準備を行い、幸先の良いスタートを切れるようにチーム一丸となって頑張りたいと思います。」

清成選手コメント
「前戦もてぎが調子良かっただけに期待してサーキット入りしたのですが、金曜日、土曜日とも厳しい状況でした。昨日の予選までのトラブルとタイヤの確認を今朝のフリー走行で行い、エンジンや車体のフィーリングは元に戻っていたので良い感触は掴めました。
ですが、スタートの位置が悪すぎました。まだ自分たちには後方から追い上げられるだけの余力がないのでできるだけ前の位置からスタートしないと厳しいです。
レース中盤、前を走る加賀山瀬選手を追い上げる際に自分でターゲットにしていたタイムで走れました。そしてそのラップタイムを落とさずに走れたことは良かったと思います。タイヤも保ってくれたし、今後の課題、解決のための方向性も見えてきましたので次の岡山ではガツンと行きたいと思います。」

9月9日(土)公式予選

オートポリス大会開幕。高橋裕紀は選11番手、清成龍一は16番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

RELEASED:2017.9.9 フォトギャラリー

全日本ロードレース第7戦「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2017」が大分県:オートポリスサーキットで開催された。前戦もてぎに引き続き今回も四輪レースSUPER FORMULAとの併催となる。5月のオートポリス大会は荒天に翻弄されながらもMORIWAKI MOTUL RACINGのライダー2名:高橋裕紀、清成龍一はシングルフィニッシュを果たしている。今大会は四輪レースとの併催のため5月のレースとは路面コンディションが違うが更なる高みを目指して闘いに挑む。

金曜日にART合同走行が開催された。朝から快晴の好天となったが前日までの雨で濡れた路面は完全には乾ききらず

午前9時からの1本目はところどころウェットパッチが残る路面。コンディションを見ながら高橋は13周を周回、1分51秒640、清成は11周を走って1分53秒570のベストタイム。

2本目は完全にドライ。路面温度も気温も上昇する。高橋、清成、共にグリップ不足の課題解決に向けてパーツやタイヤのテストで周回を重ねる。高橋は1分51秒158で14番手につける。清成は1分50秒870までタイムを上げ10番手につけるが、残り時間20分のところでトラブルが出てしまいマシンを止めた。清成はパーツを一新し、高橋は決勝レースに向けたセッティングを行う。

迎えた公式予選も朝からカラリと気持ち良い晴天。今回の予選はノックアウト方式が採用された。全車走行する30分間のQ1走行でエントリー35台から10台に絞り込む。11番グリッド以下はQ1の結果で決まる。Q2は上位10台による20分間のタイムアタック。Q2でポールポジションから10番グリッドが決定する。

高橋は序盤に1分50秒489までタイムを上げトップ10内にポジションする。Q1終了5分を切ったところでこの週末ベストの1分49秒998をたたき出し、その後も50秒フラットに近いタイムで周回、決勝レースに向けた走行を行う。トップ10内に入りQ2へ進出したかったところだが、わずかコンマ2秒届かず高橋は11番グリッドが決定した。

清成は昨日のトラブルでパーツをアッセンブリ交換したが、そのマシンの感触が今ひとつ合わず苦しみながらの走行となった。その中で1分50秒台の周回を重ね、最終周に1分50秒783のベストタイムを出して16番グリッドを獲得する。

オートポリスサーキットとの相性に苦戦しているMORIWAKI MOTUL RACINGではあるが、決して諦めないチーム、ライダーは一体となって明日の決勝レースに臨む。

高橋選手コメント
「今回も四輪との併催2&4レースで路面コンディションがいつもと違うとは思っていましたが、昨日からなかなかタイヤのグリップを引き出すことができず、その解決にこの2日間専念していました。セッティングパーツを変えることによって少しずつ解消してきてはいるのですが、ここ数戦のパフォーマンスまでは至っておらず少し苦戦を強いられています。しかし今日の予選で方向性は掴めてきたと思うので、本日これからパーツの交換やセッティングを行い、明日の朝フリーで確認して決勝レースに臨みたいと思います。気温によってタイヤのスペックの候補はあるのですが前戦もてぎで履いたタイヤが良いと思っています。しかし、それでもまだもてぎのグリップ感を出せていないので再現できるようにチーム一丸となって詰めてきたいと思います。」

清成選手コメント
「昨日はタイヤのグリップ感が出せずに苦労しました。しかし、マシンのフィーリングとしては悪くなかったのでそこから詰めていこうと思っていたのですが、フリー走行2本目でマシントラブルが出てしまい、セッションの残り20分を走れませんでした。トラブルが出た箇所を一式交換して本日の予選に臨んだのですがマシンの性格が変わってしまい乗りにくさが出てしまったので予選は決勝に向けてセットアップを詰めていくことにしました。昨日のマシンとの差が大きいのでタイムを詰めることはできませんでしたが方向性は見えてきました。明日の朝フリーで確認して決勝レースに臨みます。明日は16番グリットからのスタートですが、スタートから飛び出して上位に食い込めるような展開をしたいと思います。」

Round.6 MOTEGI / JSB1000

8月20日(日)決勝レース
MORIWAKI MOTUL RACING、高橋裕紀が今季最高位の4位獲得、清成龍一も7位でフィニッシュ。

RELEASED:2017.8.20 フォトギャラリー

  全日本ロードレース第6戦「TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE」の決勝レースが開催された。前夜の雨は朝には上がり、朝のウォームアップ走行はドライコンディションで行われた。高橋裕紀は1分50秒422で5番手、セットアップに苦戦していた清成龍一は1分51秒225で6番手につける。

 午前10時25分、JSB1000クラス決勝レーススタート!高橋は絶妙なスタートを切りオーオープニングラップを4番手で通過する。2周目に1分49秒897、3周目1分50秒001と速いペースで周回、ヤマハファクトリー2台、津田選手(スズキ)にピタリとつけて4台で先頭集団を形成する。その後も50秒前半から中盤のタイムで周回を重ねる。今回、ピレリの新しいタイヤスペックを投入した高橋、レース後半のラップタイムの下がり幅の大きさが前半戦の課題であったが、今回は終盤でも51秒前半のラップタイムで周回、今季最高位の4位でフィニッシュした。

一方、新たに投入したパーツのセットアップに苦戦していた清成はスタートで出遅れ、オーオープニングラップで13位まで下げてしまう。レース序盤のグリップ不足に悩まされ順位を落としてしまったが、51秒台の安定したラップで周回、徐々に順位を上げて7位でチェッカーを受けた。

 このレースウィークは2&4レース開催のため走行時間が少なく、マシンのセットアップを詰める時間が足りなかったが、その中でチームスタッフ、メカニック、ライダーが一体となって仕上げていった。結果として今季最高位の4位、7位のシングルフィニッシュを獲得。まだまだやるべきことはたくさんあるがこの大会で明確な課題がみつかり、次戦オートポリスに向けて貴重なデータを収集できた。MORIWAKI MOTUL RACINGは更なる高みを目指して挑戦を続ける。

高橋選手コメント
「優勝争いや上位進出を狙わなければいけないのですが、現状でやれる事をしっかりとこなして確実にステップアップしていることが結果として表れたので素直に喜びたいと思います。今回の4位という結果は新しく投入したピレリタイヤが非常に良く機能しましたことが大きいです。前半戦、温度レンジが狭く後半のラップタイムが大きく下落することが課題でしたが、低い温度でも機能して最後までしっかりと走れるタイヤを用意してくれました。そして鈴鹿8耐を走ったことも大きな要因です。自分も走り込んでマシンに慣れましたし、チームもマシンの造り方をしっかりと確立できるようになりました。頂点を獲るにはまだまだやることがたくさんありますが、ホンダさん、ピレリタイヤさん、MOTULさんの協力がきちんとカタチになってきているので次戦のオートポリスでも好成績を残せると思います。」

清成選手コメント
「序盤の遅れが響いてしまい、もう少し順位を上げられたかもしれましたが、このレースウィークの流れの中では7位という結果は仕方ないのかな、と思います。今回新しいパーツを投入しましたが、結果的にこのウィーク中に良い方向へ持って行けませんでした。但、そのような非常に厳しい状況の中でチームスタッフ、メカニックがここまでマシンを仕上げてくれたことに感謝しています。ひとつひとつのパーツの性能は高いのですがそれをマシン全体のポテンシャルを高めるためにトータルバランスさせることが難しかったです。しかし次に繋がる課題もはっきりと見えましたので次戦オートポリスまでには解決して臨みたいと思います。」

8月19日(土)公式予選
後半戦スタート!高橋は今季最高位グリッドの予選4番手、清成は9番グリッドで明日の決勝レースを迎える。

RELEASED:2017.8.19 フォトギャラリー

 前戦オートポリス大会から約2ヶ月のインターバルを置いて全日本ロードレース第6戦「TWIN RING MOTEGI 2&4 RACE」が栃木県:ツインリンクもてぎサーキットで開催された。2ヶ月空いたとは言え、間に鈴鹿8耐が開催されたので実質3週間のインターバルとなった高橋と清成。9年ぶりの鈴鹿8耐は決して満足のいく結果ではなかったが、来年に向けてMORIWAKI MOTUL RACINGは動き出している。

鈴鹿8耐のあと高橋はすぐに鈴鹿サーキットレーシングスクールの講師としてちびっ子達にサーキット走行を教えていた。その後、家族揃ってゆっくり過ごした。清成は単身で鈴鹿に来ているので実家に戻り久しぶりの家族団らんを過ごした。僅かな時間ではあったが心と体をリフレッシュさせ、英気を養った高橋と清成、後半戦へのモチベーションを上げてもてぎ入りした。

金曜日にART合同走行が開催された。週末は雨という天気予報、1本目の走行直前に霧雨が落ちてきて路面がわずかに濡れるコンディションだがドライタイヤでセッションに臨む。高橋は1分50秒873のタイムで5番手につける。清成はもてぎから新たに投入したパーツのセッティングを試しながら1分52秒742で14番手。1本目の走行終了と同時に大粒の雨が落ちてきてみるみるうちに路面はウェットになる。 午後に行われた2本目の走行、雨は止んだものの路面はウェットのまま。決勝レースで雨が降ることを想定してレインタイヤで2台はコースイン。高橋は2分4秒925で18番手、清成は 2分5秒514で20番手。予選、決勝に向けてセッティングを詰める。

迎えた公式予選。雨は落ちてこなかったが、朝からジメジメとした不快な天候。今回の予選はノックアウト方式が採用された。全車走行する30分間のQ1走行でエントリー31台から26台に絞り込む。Q1の上位6台は自動的にQ3に進出、26台によるQ2の上位4台がQ3に進出、Q3は10台で決勝レースのグリッドを決める。11番グリッド以下はQ2の順位となる。

Q1、高橋は連続周回を重ねる。1分50秒台の安定したラップタイムで走行、11周目に出した1分50秒453のベストタイムで6番手につけ、Q3進出を果たす。清成は思うようにペースが上げられず1分51秒701で11番手タイムであった。

Q2、清成はセットを確認しながら走行を重ね、最終ラップにこの週末ベストの1分50秒838のタイムで4番手に食い込みQ3進出を果たした。

Q3、高橋はいきなり1分50秒3から入る。一度ピットインしたあとには49秒台を連発、7周目の1分49秒385のベストタイムで4番グリッドを獲得した。清成は最終ラップに出した1分50秒671のタイムで9番グリッドを獲得。シリーズ後半戦は2台そろって予選トップ10内からのスタートを切る。

JSB1000クラス予選終了後、スーパーフォーミュラのセッション中に激しい雷雨となり赤旗中断。明日も不安定な天候が予想されるが、条件は全員同じである。MORIWAKI MOTUL RACINGはチーム、ライダーが一体となって明日の決勝レースに臨む。

高橋選手コメント
「予選タイムの49秒3は自己ベストですが、それよりも決勝に向けたタイヤでタイムを出せたことと、Q1で連続走行を行う中で6番手に食い込めたことが嬉しかったです。トップにはまだまだ届いていませんが、アベレージタイムが上がってきた中で一発のタイムを出せるという事はバイクがまとまってきたのかな、と確実に進化しているのを感じています。限られた走行時間の中でチームはキチンとマシンのセットアップを行ってくれていることに感謝しています。鈴鹿8耐で1,000ccのバイクをみっちり走り込めたことがこのレースウィーク初日からタイムを出せた要因のひとつだと思います。明日の決勝レースは、いつもの通り最初から全開で攻めていきたいと思います。」

清成選手コメント
「予選は非常に難しかったです。今後のマシン開発に必要な新しいパーツを今回から投入したのですが、それが想定していたフィーリングと合わなくてセッティングに相当時間を取られてしまいました。昨日の走行では少し走ってはピットに戻ってアジャスト、また走行してピットに戻る、を繰り返していました。レースウィークの現場でできる事は限られているのですが、その中でチームはキッチリと確実にセッティングを詰めてきてくれているので非常に感謝しています。明日の決勝レースは序盤に順位を上げ、タイヤマネジメントをしっかり行って最後までキッチリと走り切りたいと思います。そして今後に繋がる貴重なデータを収集したいと思います。」

Round.5 AOUTPOLIS / JSB1000

6月25日(日)決勝レース
MORIWAKI MOTUL RACING、ディレイ、赤旗中断、波乱のレースを高橋裕紀8位、清成龍一9位でフィニッシュ

RELEASED:2017.6.25 フォトギャラリー

 全日本ロードレース第5戦「KYUSHU MOTORCYCLEFESTA 2017」の決勝レースが大分県:オートポリスサーキットで開催された。決勝レース当日も朝からウェットコンディションであったが、JSB1000クラスのウォームアップ走行時には青空がのぞいた。決勝レースは路面が乾くことを想定しながらの走行で、清成8番手、高橋10番手で決勝レースに臨む。

 JSB1000クラス決勝レースはWET宣言が出された。スタート進行のウォームアップ走行30秒前ボードが掲出された時点で視界不良のためスタートディレイ、14:30に再度サイティングラップ開始となる。15周に減算されて仕切り直しとなった決勝レース、予選12番グリッドからロケットスタートを決めた高橋が一気に4番手に浮上する。清成はスタートで失敗、オープニングラップを17番手で通過する。しかし、3周終了した時点で霧が発生、赤旗中断となる。

3周終了時点の結果をレース1とし、レース1の順位でレース2のグリッドに整列する。高橋5番グリッド、清成17番グリッドで12周によるレース2がスタートした。オープニングラップ、高橋は6番手にひとつポジションダウン、清成は13番手に浮上する。

高橋は1分51秒から52秒台前半で周回、一時9番手まで順位を落とすが8周目に1分51秒788のベストタイムを出してポジションを上げる。しかしレース終盤タイヤが厳しくなった高橋はラップタイムが53秒台にまで下がるが、背後に迫る清成をおさえて8位チェッカーを受ける。

オープニングラップで順位を上げた清成だったがタイヤのスピニングに悩まされていた。その症状に合わせた走りをすることでラップタイムが安定、1分53秒台にまで下がったラップタイムは51秒台にまで回復、11周目には1分51秒236のベストタイムをたたき出し、目の前を行くチームメイトの高橋を追い上げるが僅かに届かず9位でフィニッシュする。

このレースウィークはドライ、豪雨、ハーフウェット、赤旗中断、など天候に翻弄され波乱のレースウィークとなったが、高橋も清成もその時その時の状況に応じたベストな選択で前戦もてぎに次いでシングルフィニッシュを決めた。9月にもここオートポリスで開催されるのでそこに向けて貴重なデータを蓄積することができた。全日本ロードレースは次戦もてぎまで約2ヶ月のインターバルが空く。MORIWAKI MOTUL RACINGは来月開催される鈴鹿8耐に向けて集中する。

高橋選手コメント
「荒れた天候で難しいレースでした。レース1のグリッド整列時、実はレインタイヤを履いていました。チームと話して賭けにでてみました。しかしその後レースディレイ。そこでドライタイヤに切り替えました。レース1のスタートはすごく上手く決まって4番手までジャンプアップ、先頭集団の中で走行できました。しかし、コースの後半セクションに濡れているところがあり、そこを上手く走ることができずに離される、その先の乾いている部分で追いつく、を繰り返してどうなるかな、と思っていたところに赤旗中断となりました。 レース2はもう少し雨がパラパラ来るかな、と予測して新品タイヤを入れるリスクより中古タイヤで行く決断をしました。しかし選んだタイヤがライフがあまり望めないタイヤであったにも関わらず中古タイヤで行ってしまったので、後半タイヤのタレが厳しく、ズルズルと順位を落としてしまい非常に悔しく思います。 他方、ウェット、ドライ、ウェットパッチが多いところ、少ないところ、変化の激しい路面に電子制御で対応する貴重なデータを多く収集する事ができました。2週間後には鈴鹿8耐の合同テストも始まりますので8耐に向けて全力で頑張ります」

清成選手コメント
「レース1は最初からドライタイヤで行きました。スタートが上手くいかず思いきり順位を下げてしまいました。その後も上手く乗れず、落ち着いて行こう、と考えていた時に赤旗中断となりました。 レース2は失敗せずにスタート切れました。自分が選んだタイヤはそれほど温度が高くない時向けのスペックで実績もあったタイヤでしたが、予想外にスピニングが多く序盤に「タイヤが終わった」と思ったほどでした。タイヤに合わせた走りに変えたら少しずつ安定してきましたのですが、さぁこれから、と言うときにレースが終わってしまい非常に悔しい思いをしました。 もてぎはストップアンドゴーのコースレイアウトでマシンのパワーの差が出やすいサーキットですがここオートポリスではその差を感じることなく、エンジンも車体もそのバランスも良く走ることができました。貴重なデータもしっかり収集できましたし、モリワキが造るオートバイはバランスも信頼性も高く良い方向に仕上がってきています。但し、まだまだトップチームとの差があるのでそこを埋めるべくキッチリと開発してかなくてはと思います。チームメイトの高橋選手との良い意味でのライバル関係、マシンやパーツに関するお互いの印象・考えを包み隠さず話し合うことで自分には見えていなかった部分が見えたり、またその逆もあり、とすごい良い環境の中でレースができていることに感謝しています。」

6月24日(土)公式予選
激しい雨に濃霧。難しいコンディションの中、高橋裕紀:予選12番手/清成龍一:予選10番手から決勝レースに臨む。

RELEASED:2017.6.24 フォトギャラリー

全日本ロードレース第5戦「KYUSHU MOTORCYCLEFESTA 2017」が大分県:オートポリスサーキットで開幕した。前戦もてぎから2週間のインターバルで迎えたオートポリス大会。前週には事前テストが行われ、高橋裕紀が1分50秒127、清成龍一が1分50秒774のベストタイムを計測。

この週末は雨という週間天気予報が出ていたが金曜日ART合同走行はドライコンディションで行われた。高橋は1本目1分50秒742、2本目1分50秒441。清成龍一が1本目1分51秒292、2本目1分50秒885と二人とも徐々にタイムを詰めてきた。

 天気予報通り朝から雨が落ちるオートポリス。しかも激しい濃霧に包まれレーススケジュールはディレイ。午前中のプログラムは全て中止。JSB1000クラスはこの日行われた唯一の公式走行となった。予定より大幅に遅れて14:35、ノックアウト方式から35分間の計時予選に変更して公式予選がスタートした。コース上にはところどころ川ができたり、池のような水たまりがある難しいコンディション。高橋と清成は慎重にコースイン、周回を重ねる。4周を経過した頃、雨脚が強くなり土砂降りとなる。各車様子見をしていたが予選終盤には雨脚が弱くなり最後のアタックに出た。 清成は序盤に出した2分9秒649が予選10番手のタイムとなる。高橋は最後のアタックで出したタイム2分9秒973で予選12番手となった。

明日の決勝レースも雨が予想されるが、MORIWAKI MOTUL RACINGは上位進出を目指して最後の詰めを行う。

高橋選手コメント
「雨と濃霧で走れるかどうか気になっていましたがなんとか予選を走れて良かったです。今回はウェットタイヤを数種類テストしていたのですが一周計測してピットに戻り、タイヤを変えて出ていった途端に豪雨となりました。雨脚が弱くなったので最後に出ていってタイムアタックを行いました。ウェットタイヤも比較ができて良いデータ収集ができたと思います。決勝レースに向けて方向性もつかめました。明日も雨が予想されますが基本的なセットは変えずに、明日の朝フリーで方向性の確認をして、決勝レースに臨みたいと思います。」

清成選手コメント
「事前テストからかなりマシンの方向性を変えるセットを組みました。オートポリスは9月にも開催されるので後半戦にバランスをよくするためにも大きくふってみました。しかし今日は雨、自分専用のマシンになって初めての雨でしたので難しい予選でした。今日はいつ赤旗になってもおかしくない状況だったのでタイムは出さなければならないのですが、攻めて転倒する危険を冒すわけにはいかないので状況を見極めながら走りました。結果手には序盤の4周までにタイムを出した人が上位にいます。自分も3周目にベストを出していますが、いきなりタイムアタックするにはリスキーだったので徐々にタイムアップを図ろうとした矢先にあの豪雨でした。 明日も雨のレースが予想されますが、自分は雨のSUGOで転倒しているのでその教訓を活かして上位を狙っていきたいと思います。」

Round.4 MOTEGI / JSB1000

6月11日(日)決勝レース
MORIWAKI MOTUL RACING 高橋裕紀選手7位、清成龍一選手8位、二台完走を果たす!

RELEASED:2017.6.11 フォトギャラリー

 全日本ロードレース第4戦「TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE」決勝レースが栃木県:ツインリンクもてぎで開催された。決勝レース当日も朝から快晴の好天に恵まれた。予選で好感触を得た高橋は最後のアジャストを行い8周を走行、1分50秒976のタイムで5番手につける。金曜日から流れが悪かった清成も昨日の予選で軌道修正を行い良い方向に向かい出す。朝のフリー走行でタイヤとセットアップの確認に費やし、1分51秒569で8番手につけ、2人のライダー、最後の確認を行い決勝レースに臨む。

 午前中は快晴であったが決勝レースがスタートする頃には雲がかかり晴れ間と曇りを繰り返す天候となった。予選4番手の清成龍一が抜群のスタートを決め、2番手で1コーナーに進入する。オープニングラップを2番手で通過した清成は2周目1分50秒329、3周目1分49秒922のタイムでトップを走る中須賀克行選手(ヤマハ)の後を追う。 高橋裕紀はオープニングラップを6位で通過、3周目には1分50秒279のベストタイムで周回、安定して1分50秒台でラップを重ねる。 清成は安定して50秒台で周回するもののレース中盤にラップタイムペースを上げてきたワークスチームにかわされ、11周目には5番手を走行する。そのすぐ後ろに高橋がつける。そのまま高橋は7位でチェッカー、清成は8位でチェッカーを受ける。

今大会のMORIWAKI MOTUL RACINGは公式予選で2台ともQ3進出、決勝レースでもシングルフィニッシュを決め、モリワキファンを大いに沸かせた。高橋と清成はお互いを最大のライバルだと考え、リスペクトもしているので切磋琢磨しながら相乗効果でマシン開発の速度が上がっている。ドライコンディションでの23周のデータをキッチリと収集したMORIWAKI MOTUL RACINGは、次戦オートポリス向けて更なる高みを目指してチーム一丸となって進む。

高橋選手コメント
「決勝レースは上位入賞を目指して臨んだのでこの結果は正直悔しいです。金曜日のART合同走行、昨日の公式予選で決勝レースのタイヤを決定、自分は高い温度レンジで機能を発揮するタイヤを選択しましたが、機能する温度レンジでギリギリいけるかな、と考えていました。雲がなければ機能して、雲が出ると厳しい、と言うくらい機能するレンジがシビアなタイヤでした。今年ドライコンディションで長い距離のデータ取りができていなかったのでその意味でもこのタイヤで挑みました。序盤から上位集団について行くことができて「このままなら清成選手、津田選手(ヨシムラ)、自分の3台でセカンドグループを形成できるかな」と思っていました。5周目過ぎ辺りから初期グリップが一度落ちたのですが、その後も安定して周回できたのでこのままいけると思ったのですが、中盤から後半にかけてリアタイヤのグリップが低下してラップタイムを上げる事ができませんでした。スタート直後の曇り空の下での走行でタイヤの摩耗を促進してしまったようです。温度レンジを外した時のピレリタイヤと新型CBRの動きや電子制御のデータを収集する走りで完走することにしました。結果は悔しいですけど貴重なデータが収集できたと思います。ドライコンディションでレースウィークを迎えてモリワキがどの位置にいるのかを知ることができました。ここから一戦一戦大事に上位を目指して頑張りたいと思います。」

清成選手コメント
「決勝レースはスタートが上手く決まり2番手につけたのですが、レース終盤までトップ争いができるほど甘くはないと思っていました。中須賀選手の後ろを初めて走って、どんな走りをするのか、自分にどれだけできるのか、何が足りないのか、を感じて今後に繋がるところがありました。自分達のマシンに良いところは伸ばして、悪いところ、足りないところを早急に対策していこうと思います。ピレリタイヤは序盤からベストタイムを出せる状態にあるので、最初の3周中須賀選手についていきましたが無理してついていったわけでありませんでした。ですが他車がタイムを上げてくるようになるとついていくのは難しかったです。無理をすればついて行けたのかもしれませんがそれでもしも転倒でもしたらデータの収集もできなくなるのでここはキッチリとデータが取れて良かったです。初めて決勝レースを完走したのでマシンがどのような症状になるのか、どうしたら良いのか、工夫しながら走るにはどうすれば良いのか、を感じることができたのが収穫です。 このレースウィークの流れをみたら、予選も決勝レースのこの結果も、ここまで仕上げてくれたチームに感謝しかありません。決勝レースでトップグループの後ろを走って自分達のマシンに足りないのはトータルのマシンバランスだとハッキリわかったので、今後に向けて明るい材料が見えましたし、良い流れにもなってきているのでこの流れのままオートポリスに入りたいと思います。」

6月10日(土)公式予選
サバイバル予選を勝ち抜き、清成龍一4番グリッド、高橋裕紀6番グリッドから決勝レースに臨む

RELEASED:2017.6.10

全日本ロードレース第4戦が栃木県・ツインリンクもてぎで開幕した。開幕戦鈴鹿と前戦SUGOはセミ耐久レースであったがスプリントレースは今大会が初開催となる。さらに高橋裕紀:72号車、清成龍一:88号車のMORIWAKI MOTUL RACINGとして2台体制で臨む。

レースウィークの1週間前に事前テストが行われ、清成1分49秒736、高橋1分50秒761のベストタイムでまずまずの成果を得る。 レースウィークに入る直前に梅雨入りしたものの、金曜日ART合同走行は好天に恵まれた。高橋はマシンのセットアップ、タイヤテストをこなして2本目に1分50秒018と49秒台も見えるタイムを出して総合6番手につける。一方事前テストで調子が良かった清成はマイナートラブルを抱え、その対応に追われたため周回数もこなせず1分51秒015がベストタイム、総合10番手であった。

迎えた公式予選も朝から夏を思わせる晴天。気温も路面温度も上昇していく。今大会の公式予選は「サバイバル予選」と呼ばれるノックアウト方式が採用された。Q1は全車出走の35分間による計時予選。そこで4位~10位はQ2に進出、1位~3位はQ3進出となりQ2は走行しない。Q2は7台によるノックアウトで上位3台を決める。Q2で勝ち残った3台とQ1のトップ3の6台によるノックアウトでポールポジションから6番グリッドまでを決める。

強い日射しが照りつける中、12:40にQ1がスタートした。高橋は1分50秒675で6番手、清成も1分50秒876の10番手でQ2進出を果たす。10分間のインターバルの後、Q2スタート。2周のウォームアップ走行を終えた3周目からタイム計測を行い、その周回で一番タイムの遅いライダーがノックアウトされる。 計測1周目、2周目は、清成、高橋がワンツーでトップ通過を果たす。2周目の清成はついに49秒に入れてきた。4周目の計測でも清成2番手、高橋3番手となり、Q3進出を果たした!

そして迎えたQ3。計測1周目に高橋も49秒台に入れる1分49秒816をたたき出すもノックアウト。6番グリッドが確定した。清成はQ3計測全て49秒台に入れ計測3周目にノックアウト、4番グリッドを獲得した。 新型CBR1000RRのセットアップに苦慮している中で高橋、清成の両ライダーの頑張りによるQ3進出は会場内を多いに沸かせた。 明日の決勝レースは、セカンドロー4番手と6番手からスタート。MORIWAKI MOTUL RACINGの本領発揮となる白熱したレースになるか。チーム一丸となって闘いに臨む。

高橋選手コメント
「金曜日の走行で決勝レースを想定してタイヤテストをしてタイヤを決めて、今日の予選のQ1でセッティングのアジャストをしました。Q3まで残れたら万々歳だと思っていたのですがQ3でもタイヤテストをひとつ行いました。Q3で清成選手に負けたくはなかったですが仕方ないですね。 前戦までのセミ耐久レースからスプリントレースとなり、自分のマシン一台に絞られるので走る時間も増えますし、セットも自分用にすることができます。チームメイトの清成選手は最大のライバルでもあるのでお互い切磋琢磨しながら自分に足りないところを速くなれるように実践しています。実は事前テストでは自分はあまり走れなかったのですが、清成選手が良いと言っていたセットをそのまま使用していますし、逆に自分が良いと思ったセットを清成選手も試しているのでMORIWAKI MOTUL RACINGとして2台になったことでマシンの開発速度も2倍になったと思っています。 明日の朝フリーで今日まで積み重ねてきたものをもう少しだけセットをアジャスト・確認をして決勝レースに臨みます。」

清成選手コメント
「自分でもビックリする予選結果です。チームメカニック、サスペンションメーカーさん、タイヤメーカーさんにいくら感謝しても足りないくらい感謝しています。それくらい昨日までの状態がひどかったです。とは言え、単純にトラブルが出たわけではなく、前に進もうとして新しいことをしたのですがなかなか上手く噛み合わず、サスペンションや電気系統などにトラブルが発生してしまい、昨日の時点では正直なところ、予選どころではなく決勝を見据えて走ることに気持ちを切り替えていました。決勝を見据えてとは言いながらも、いつも通り集中して全力を尽くして走っていたのですが、予選を走って行くうちに問題の解決に向けた方向性が見えてきました。昨日から今日までの短期間でここまでマシンを仕上げてくれたチームのおかげです。 Q2に進出して最初にふるい落とされると思っていたのですが、他のライダーさんたちがノックアウトされて3列目スタートはラッキーだな、と思っていたらまさかのQ3進出でした。Q3は、もう行くしか無い!と思って走りました。 明日の朝フリーでもう少しアジャストして決勝レースに臨みたいと思います。」

Round.2 SUZUKA SUNDAY ROAD RACE / JSB1000

5月21日(日)決勝レース MORIWAKI MOTUL RACING

1-2フィニッシュを決め鈴鹿8耐参戦権獲得!

RELEASED:2017.5.21

トライアウトFINALステージ決勝が本日開催。今週末は天候が良く前日同様路面温度が50度を超える厳しい路面コンディションとなる。本日はフリー走行枠が無く、決勝のみが開催された。高橋は昨日の予選状況でマシンに起きた現象をチームと分析し、セッティング変更をトライしたマシンでコースイン。清成はある程度マシンが纏まっている為、昨日同様のスペックでコースに飛び出していく。

 そして迎えた午後1時46分、12周で争われるトライアウトFINAL JSB100クラス決勝の火蓋が切られた。まずMORIWAKI MOTUL RACING の高橋が先行し、オープニングラップは高橋、清成の順で通過。三周目のヘアピンで清成と高橋の順位が入れ替わるが、そこから2台の独走態勢を形成。清成はコンスタントに2分8秒台、続く高橋は2分9秒台で安定して周回を続けた。途中バックマーカーが出だしたが問題なく切り抜ける。結果、清成が優勝、高橋が2位を獲得しMORIWAKI MOTUL RACINGが1-2フィニッシュ。 そして2017年度鈴鹿8時間耐久ロードレースの参戦権をついに手に入れる事となった。

高橋選手コメント
「とりあえずトライアウトを無事クリア出来ほっとしたのが正直な感想です。リセッティングした事も良い方向に働きました。結果的に8耐参戦権獲得を最後まで引っ張ってしまった形ですが、今週末のレースに参戦したおかげで本当に多くのデータを蓄積する事が出来ました。色々な事案もが発生しましたが、チームが的確に対応してくれたおかげで想定してたタイムを上回る2分9秒台でコンスタントに周回できる所まで改善しました。まだまだラップライムの改善が出来る余力も残っている事も確認できましたし、もてぎ大会に向けてたテストになった等、本当にポジティブに終わる事が出来ました。 そして、やっと鈴鹿8耐参戦を皆様にご報告出来る事が出来ます。 全力で頑張りますので皆様応援宜しくお願い致します!」

清成選手コメント
「今回のトライアウトは結果的に得る物が本当に多かったレースでした。今まで行ってきた事が間違っていなかった事が確認出来たり、8耐に向けた取り組みが出来る等実りの多いものになりました。 決勝に関しては、昨日までの仕様に少しだけ味付けしてコースインしました。レースアベレージとしては8秒で周回しましたが、決して無理はしておらずもっと攻めれば7秒は出せる状況でした。ですが、今回は8耐を意識してロスの無い走り方を模索しながら色々な事を試しながら走行を続けました。それでも8秒台で周回出来ている事を考えればチームのマシン造りに対する方向性は間違っていなかったという事は証明できたと思います。 そしてやっと8耐に参戦できるという事がご報告出来ました。 皆さん応援宜しくお願い致します!」

5月20日(土)公式予選 MORIWAKI MOTUL RACING

8耐参戦に向けトライアウトFINALステージへ

RELEASED:2017.5.20

"コカ・コーラ"鈴鹿8耐第40回記念大会出場選抜レース8耐トライアウトFINALステージである“鈴鹿サンデーロードレース”が開幕。全日本ロードレースで不運に見舞われ、いまだ未獲得の8耐参戦権を獲得すべくMORIWAKI MOTUL RACINGは全力でこのレースに挑む。

今大会がトライアウト最終戦となり8耐参戦を目指した44名がエントリー。コース上での熾烈な争いを制した上位15チームが8耐参戦権を手に入れる重要なレースである。鈴鹿2&4、SUGO大会の様な耐久レースでは無く、純粋なスプリントレースとなる今大会は高橋と清成がコース上でライバルとして戦う事となる。

予選が行われる5月20日の天気は快晴で絶好のレースコンディション。午前9時45分より20分間の特別スポーツ走行がスタートし、チームは高橋/清成をコース上に送り出す。 直後、想定外のマシントラブルが高橋車に発生しPIT INを余儀なくされた。結果、高橋はマシンのセットアップを進められないまま午後の予選を迎える事となってしまう。 清成は予定通り周回を重ね、順調に走行データを蓄積しつつセッティングを詰めていく。

そして迎えた予選、引き続き天候に恵まれ快晴の中、午後1時より20分間の8耐トライアウトJSB1000クラスがスタート。新型Honda CBR1000RR モリワキ改を駆る高橋選手は、まずマシンの状況把握からスタート。一旦マシンをアジャストする為にPIT INし、その後確実にマシンが機能する事を確認した上で予選用にキープしていたタイヤにチェンジ。残り8分を使い果敢に攻め、最終ラップで2分10秒515を計測。予選2番手で本日の走行を終える。

続く清成はコースに飛び出した後、一度もPIT INする事なく周回を重ねマシンとの対話を進める。中々クリアラップが取れない中、最終アタックで2分9秒728を計測しポールポジションを決め、MORIWAKI MOTUL RACING がフロントローに並ぶ事ととなった。

高橋選手コメント
「予定していなかった、トライアウトFINALへの参戦ですが、これを逆手にとって今回仕様違いのマシンを持ち込んだ事前テストが出来るチャンスとなりポジティブに考えています。午前中、マシンの一部機能が上手く働かなかったに難しい状況に一時なりましたが、メカニックの懸命な作業のおかげで予選は無事走行するが出来ました。予選の前半はマシンの確認作業に時間を使い、後半は予定していたタイヤを投入しつつマシンをアジャストしアタックを開始しました。まだまだつめ切れていない事があるのでタイムの短縮は十分に可能だと思います。 今回のレースはとにかく完走を目指し、チームとしてやるべき事をきっちりやり切ってトライアウトを通過し、鈴鹿8時間耐久ロードレースへの参戦を決められる様に頑張ります。」

清成選手コメント
「午前中のセッションで路面温度が50度を越えた為、想定していたフィーリングと変わってしまった為にセッティングを見つける作業から始めました。今日までのテストでここまで路面温度が上がるテストが無かった為に色々とライディングも含めて良いバランスを探す事に専念しました。 午後の予選は20分と短い為にアジャストのPIT INを無くし、出来うる限り走行して今のベストを探しました。決勝のシュミレーションも想定し様々なトライを行いましたが、結果セッティングもタイヤも想像以上に良い所へ持っていく事が出来ました。タイムは意識する状況ではないのですが余力を残した状態で9秒を計測しているので明日に向けては万全の状態は出来上がったと思います。」

Round.3 SUGO / JSB1000

5月14日(日)決勝レース MORIWAKI MOTUL RACING、転倒ながらも最後まで走り切る

RELEASED:2017.5.14 フォトギャラリー

 全日本ロードレース第3戦「SUGO SUPERBIKE 120miles ENDURANCE RACE」決勝レース。前日の荒天と濃霧のため中止となった予選が、決勝日の朝8時55分~9時25分の30分間で行われた。昨日に比べれば雨量は少ないものの決勝日も朝から雨。新型Honda CBR1000RR モリワキ改で本格的なウェットコンディションでの走行が無い中で2人で分担しながらの走行、1分39秒659のタイムで予選11番手通過を果たした。

13時30分、ルマン式で決勝レーススタート。スタートライダーは清成龍一が努める。オープニングラップは10番手で通過する。3周目には9番手、8周目に8番手まで浮上した矢先の馬の背コーナーで転倒を喫してしまう。幸いにもマシンを動かすことができたのでピットまで戻ってきてマシン修復する。

約20分間の修復後、再び清成がマシンに跨がりコースイン。8周を周回したところで高橋にライダーチェンジ。19周を周回してチェッカーを受ける。

残念ながらMORIWAKI MOTUL RACINGは転倒を喫してしまったが、37周のデータを収集することができた。清成と高橋の開発ペースも確実に向上しており、チームも課題解決に向けて様々な対策を講じている。鈴鹿8耐のトライアウトは次週の鈴鹿サンデーロードレース参戦で再度トライすることになるが、まずは確実にトライアウトを通過する。そして、次戦もてぎに向けてマシン開発と課題解決をスピードを持って進めて行く。

高橋選手コメント
「タイヤのグリップ感が少し足りない、という課題を抱えた中での予選、そして決勝レースでしたが、それが原因で清成選手が転倒してしまいました。ライダーに怪我がなく、マシンもピットに戻って来られて再スタートできたのが不幸中の幸いでした。再スタートを清成選手が走り、その後自分が19周走りました。自分が乗ったときには転倒の影響かバイクが完全な状態ではなかったので注意しながら、確認しつつ少しずつペースを上げていきました。周回を重ねるうちに多少余裕も出てきたので、トラクションコントロールや電子制御の違うマップを試してみました。結果は残念でしたがレースのチェッカーは受けられましたし、雨のデータも収集することができました。鈴鹿8耐トライアウトは鈴鹿サンデーロードレースで挑戦することになると思いますが、確実に権利を獲得して、次戦もてぎに臨みたいと思います。」

清成選手コメント
「朝の予選はこのバイクで初めて雨で走って、時間が無い中の割には順調に予選は終わりました。ルマン式スタートの場合、6位以内でなければ上位に上がるのは難しいのでスタート後にいる位置でレース展開を考えようと思っていました。自分は渡辺一馬選手の後ろで抜くにはリスクを追うので後ろで様子を見ようと思った矢先の馬の背コーナーでリアから滑って転倒してしまいました。タイヤのグリップ感不足は前から出ていた課題なのでそこは意識して注意していたつもりですが、転倒してしまったのは完全に自分の操作ミスです。新型マシンをまだまだパーフェクトな状態に持っていく事はできていないのですが、このウィークではできる範囲の中でベストな状態にまでチームはマシンを仕上げてくれました。ペースを上げたつもりは無いのですが、その状況の中でマシンをコントロールできなかったのは自分のミスです。チームにも裕紀にも申し訳ない気持ちです。」

5月13日(土)公式予選 降雨と濃霧のため公式予選は決勝日の朝に延期となった。

RELEASED:2017.5.13 フォトギャラリー

全日本ロードレース第3戦が宮城県・SUGOスポーツランドで開幕した。全クラス開催のレースは今シーズン初である。JSB1000クラスは120マイル(約194km)のセミ耐久レースとして開催される。また今大会も鈴鹿8耐参戦権利を獲得するためのトライアウトを兼ねたレースとなる。
前戦鈴鹿で権利獲得ができなかったMORIWAKI MOTUL RACINGはこのレースで鈴鹿8耐参戦のチケットを入手すべく前戦鈴鹿終了後から準備を重ねてきた。

木曜日に特別スポーツ走行が行われた。新型Honda CBR1000RR モリワキ改でのSUGOのデータがないので少しでも多くの走行をしたかったのだが、雨が落ちてくる生憎の天気。1本目の走行ではわずか3周、2本目でも13周しか周回できなかった。それでも1分30秒550のタイムで総合8番手につける。

翌金曜日にART合同走行が行われた。この日はドライコンディション。高橋と清成は精力的に走り込んだ。とは言え、悪天候でできなかったメニューをこなしながらの走行だったので3~4周走ってはピットインしてライダーチェンジして出ていく、の繰り返しであった。2本の走行合わせて36周を走行、積極的にタイムアタックはできなかったが1分28秒802までタイムをのばして総合10番手につける。

 迎えた公式予選、前日の天気予報どおり朝から雨。J-GP3クラスの予選では途中から雨脚が強くなり加えて風も強く横殴りの雨となる。さらにJ-GP2クラスの予選が始まる頃には霧が立ちこめスタート1周で赤旗中断。
その後も天候は回復せず、J-GP2クラス公式予選以降のプログラムは全て中止となり、JSB1000クラスの公式予選は決勝日の朝8:50~9:20の30分間に行われることとなった。

明日の決勝レースは、予選の後に決勝レースが行われる変則スタイルとなったが、MORIWAKI MOTUL RACING着実に前進しているHonda CBR1000RR モリワキ改と二人のライダーとチーム一丸となって臨む。

高橋選手コメント
「前戦鈴鹿で壊れたマシンを修復、新しいスイングアームの組み直しなど、木曜日の走り出しは仕切り直しでゼロからのスタートに近い状況でした。大事な木曜日の特別スポーツ走行は雨が降ったり止んだりのコンディションでまともに走れませんでした。 正直、初日が終わった段階では「どうしよう…」という状況でしたが、少ないデータの中でどうやって改善するかチームとよく話し合い、二日目はかなりセッティングを変えて臨みました。解決レベルには達していませんがそれが良い方向に向かい。初日よりは明るい材料となりました。しかし、メニューをこなすためには連続周回が3周できないくらい時間がなく、清成選手と二人で走ってはピットイン、を繰り返していました。 昨日の段階で今日の雨天が予想できたのでなるべくドライコンディションのうちにメニューをこなしてデータを収集することに集中しました。鈴鹿以外のデータが無いのでレースウィークの走りと言うよりテストに近いでした。ですがやれることはやれたと思います。
明日は予選・決勝が一日で行われますが、予選では決勝レースを見据えた走りをしようと思います。鈴鹿8耐のトライアウトも兼ねていますが自分達のやることをキッチリとやれば自ずと結果はついてくると思うのでしっかりと走り切りたいと思います。」

清成選手コメント
「木曜日の特別スポーツ走行は雨が降ったり止んだりの状態でまともに走れる状況ではありませんでした。ゼロベースに近い状態からのセットアップでしたのでかなり厳しい状況でした。しかも自分は14年ぶりにSUGOを走るのでコースを確認しながらの走行でしたので攻めきれませんでした。しかし、話し合いを経てチームがすごく良くしてくれたので金曜日は順調にステップアップしたかな、と思います。良かったらこのパターン、悪かったらこのパターン、とチームが非常に臨機応変な対応をしてくれたのでさまざまなメニューをこなすことができ、最終的にはまとまりも良く終わることができたと思います。まだまだ求めているモノには遠いのですが、新しいマシンのポテンシャルが高いからこそさらに上に行ける可能性が見えるので、やり甲斐がありますし挑戦するのが楽しくもあります。

 自分はイギリス選手権で予選の後に決勝レース、というものを経験していて慣れてはいるので、そこは心配していません。明日は天候次第ではありますが、落ち着いて決勝レースに臨みたいと思います。もちろん上位を狙いますがレース距離のしっかりとしたデータを取得すること、そして自分と裕紀がレース距離になれることも目的としたいと思います。」

Round.2 SUZUKA / JSB1000

4月23日(日)決勝レース
MORIWAKI MOTUL RACINGの初戦はリタイア。しかしマシン開発は確実に進化している。

RELEASED:2017.4.23 フォトギャラリー

 全日本ロードレース第2戦「NGKスパークプラグ SUZUKA 2&4 RACE」決勝レースが開催された。前日転倒したマシンはメカニックとチームスタッフ総出で懸命な修理を行った結果、朝のウォームアップ走行で2分7秒704の3番手タイムをたたき出し、マシンを完全に復活させた。

 そして迎えた決勝レース。スタートライダーは清成龍一が努める。転倒の影響で腰部に痛みが残るもののいざバイクに跨がるとその傷みも感じないほどにレースに集中できたという清成は、ルマン式スタートで13番手から7番手にジャンプアップして第1コーナーに進入する。東コースでひとつ順位を上げて6番手でヘアピンを立ち上がり西コースへ進入、前を走るマシンを追い上げようとした矢先のスプーンカーブ立ち上がりで接触転倒を喫してしまう。マシンはタテ回転しながらコースを横断するほどの激しい転倒。清成はすぐにコースサイドに避難して大事には至らなかった。残念ながらそのままリタイアとなった。

新生MORIWAKI MOTUL RACINGの開幕戦はオープニングラップで終了、鈴鹿8耐のトライアウトも通過することができなかった。しかしこのレースウィークで貴重なマシン開発データの収集をすることができたし、経験豊富な高橋と清成の二人のライダーの相乗効果でマシン開発の速度と精度は確実に向上するはずである。
チームとライダー二人は気持ちを切り替え、開幕戦で見えた課題解決に向けて動き出している。

高橋選手コメント
「新型CBR1000RRになってから限られた時間の中でマシンのセッティングを詰めてきましたが、昨日の予選でその歯車が狂いかけたのですがチームが見事なまでにマシンを修復してくれて、今朝のウォームアップで3番手タイムをたたき出せるほど転倒前の状態にキッチリと戻してくれました。電子制御部品が多い新型マシンは走らせれば走らせるほどデータの収集ができて走りやすくなってきています。そう言う意味では貴重なサーキットでの実証データが得られたレースウィークでした。その中で清成選手が確実にタイムアップを果たしてチームの士気を高めてくれました。最後は接触転倒という残念な結果でしたが内容としては順調に推移してきたと感じています。何よりあの転倒で大事に至らなかったことが不幸中の幸いでした。
電子制御は限りなくいろんなことができるのですが、まだそのポテンシャルを完全に引き出せていないのが現状です。しかしその中でも周りと比べて少し良い位置にいられると言うのは今後に向けてプラス材料だと思います。
今回収集した大切なデータをきちんと繋げて次戦SUGOに向けて前進したいと思います。」

清成選手コメント
「あれだけの転倒をしたにも拘わらずカラダのほうは少し首が痛む程度で済んでいます。しかし、レースでは一周目のホームストレートも通過できずに終わってしまったことにより、モリワキを応援してくださるたくさんのファンの方々、チームスポンサー様、関係者様、チームスタッフ・メカニック、そして相方の(高橋)裕紀にがっかりさせてしまったことを大変申し訳なく思っています。また、自分のせいでペースカーが入ってしまい、バイクレースを楽しみに観に来てくださったお客様にもダラダラとしたレース展開を見せてしまいました。
転倒したのは非常に危険な場所でした、バイクが他車にぶつかることなく二次災害が起きなかったこと、そして自分も他車に轢かれなかったことが不幸中の幸いでした。
昨日転倒したマシンをチームが本当に一生懸命修復してくれて、今朝のウォームアップ走行では3番手タイムを出せるほどに仕上げてくれました。予選タイムを上げる、みたいな特別なことをしていたわけでなくトライアウトを通過することだけに集中して普通に走ってあのタイム、さらに裕紀が乗ってもタイムが出たので仕上がりはかなり良かっただけに今回の転倒リタイアは非常に残念で悔しいです。ですがある意味、これで悪いツキを全て落としたと考えて、次戦SUGOに向けて気持ちを切り替えて自分達がやるべきことをやって前進したいと思います。

森脇緑のコメント
「高橋裕紀、清成龍一の2人のライダー、2台体制、新型マシン、ピレリタイヤ、と全てが全く新しい体制の中で迎えた初戦が、全日本ロードレース開幕戦、鈴鹿8耐トライアウト、というライダーにとって非常に重圧がかかるレースでした。その結果が転倒リタイアというのは残念ではありますが、マシンのポテンシャルを確認する事が出来たので周りが考えているほどシリアスではないと思っています。清成は13年ぶりに全日本を走る、そして8耐に出るにはトライアウトというテストを受けなくてはならない等かなりの重圧が彼の肩にのしかかっていました。高橋も清成という良い意味での強敵が出現して今までとは違う緊張感が生まれています。それだけのプレッシャーの中で迎えたトライアウトで「絶対に通過する」つまり無難に走ることでその目的はクリアできたかもしれませんが、二人とも予選タイムを上げる、レースで良い成績を残す、というレーシングライダーとして更なる高みを目指して気持ちを高揚させて挑んだ結果が転倒であるならそれはある程度仕方ないと思っています。
但、逆に今度はライダーが余計に重圧を感じるかもしれないので、そこはチームとして「ライダーひとりではない、チーム全員で闘っているんだ」ということを彼らが実感できるように、そしてライダーが安心して、もしくは気持ち良く走れるような環境作りをするのが私達の役目だと思っています。
次戦SUGOはもちろん、鈴鹿8耐に向けてライダーとチームスタッフが一丸となって闘っていけるように最善の努力をするつもりです。」

4月22日(土)公式予選 新生モリワキレーシング始動!JSB1000クラス開幕戦鈴鹿の決勝レースは13番手で迎える

RELEASED:2017.4.22 フォトギャラリー

 全日本ロードレース第2戦が三重県・鈴鹿サーキットで開催された。今シーズンは筑波サーキットで開幕したがJSB1000クラスは開催されなかったので今大会が開幕戦となる。

今シーズンモリワキレーシングは大英断を下した。J-GP2クラスで2014年、2015年と2年連続シリーズチャンピオンを獲得した高橋裕紀に加え、BSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)で3度のシリーズチャンピオン、鈴鹿8 時間耐久ロードレースで4回の優勝経験を持つ清成龍一をチームメイトに迎え入れ2台体制で参戦する。

 マシンは新型のHonda CBR1000RRをモディファイした「Honda CBR1000RR モリワキ改」、そして長年テクニカル・パートナーとしてタッグを組んでいたフランスのカーメンテナンスケミカルメーカー「MOTUL」とさらに強固な関係を築き「MORIWAKI MOTUL RACING」の名前を9年ぶりに復活、タイヤメーカーもピレリにスイッチ、と全てが新しくなった。

 昨年、8年ぶりに最高峰クラスのJSB1000クラスに復活したのは今年の鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)参戦を視野に入れての事である。今大会は鈴鹿8耐への参戦権を得るための「トライアウト」を兼ねている。「NGKスパークプラグ SUZUKA 2&4 RACE」として四輪レースSuper Formulaと併催され、200kmのセミ耐久レースとなる。69台ものエントリーとなり、A、B、2つのグループに分かれ、MORIWAKI MOTUL RACINGはAグループの走行となる。全日本ロードレース最高峰クラス、そして世界の舞台:鈴鹿8耐で勝つという高い目標の下、ライダー、チーム一丸となって闘いに挑む。

 木曜日に特別スポーツ走行が行われた。新型Honda CBR1000RR モリワキ改のシェイクダウンを行ったばかりでまだまだ細かいセッティングが詰められていない状況ではあるが、2分08秒125の6番手タイムをたたき出し、周囲を驚かせた。

 翌金曜日のART合同走行。朝のうち小雨がポツポツと落ちて心配されたが2本の走行は共にドライコンディションで行われた。Aグループ、Bグループ混走で行われた午前中の走行ではこのウィーク初の7秒台に入れる2分7秒419で総合3番手につけた。午後の走行では2分8秒177のタイムでAグループ5番手タイム。ART合同走行総合で6番手につける。今大会は1台のマシンを2人で乗るのでセッティングをどちらに合わせるか難しいところだがお互いに乗りやすいポイントを掴んでセットを詰めている。

 迎えた公式予選、風が強いながらも陽が差す好天の中12:20、Aグループの公式予選がスタート。しかし、計測1周目のスプーンカーブ立ち上がりで清成が転倒を喫してしまう。幸いにして自走できたのでピットに戻りTカーで高橋がコースインする。高橋は2016年のマシンで2分9秒111のタイムを出してピットに戻る。転倒により身体の痛みが残ったままの清成であるが、二度のコースインで2分8秒912のタイムをたたき出す。このタイムがAグループ、Bグループ総合の13番手タイムとなる。

「完全に自分のミスです。チームと(高橋)裕紀に申し訳ない」と恐縮しきっている清成だが「(清成選手に)ケガが無くて良かったです」と高橋。共にレースを知り尽くした二人のライダーは互いの力を認め合い、互いに切磋琢磨することによりマシンの開発は確実に前進している。

 明日の決勝レースは鈴鹿8耐トライアウトも兼ねた大事な一戦。確実に権利を得るためにチームもライダーも一体となって決勝レースを迎える。

高橋選手コメント
「清成選手の転倒には驚きましたがケガが無くて本当に良かったです。トライアウトもかかっているので先ずは予選を通過しないことには前に進めないのですが、16年のマシンでも自分は(2分)9秒1、清成選手が8秒9のタイムを出して乗れる状況にあることが確認出来ました。もちろん予選順位も大切ですがそれ以上にちゃんと決勝レースをスタートすることが肝心ですので、13番手ではありますが、このドタバタの中での13番手は良かったのではないか、と考えています。今回、単独の転倒ではありましたが決勝レースではもらい事故だったり、後ろから追突されたり、と予期せぬアクシデントが発生します。その対応をチーム内でキチンと想定して組み立てられていたのでそれほど慌てずに対処することができたと思います。
新型のCBR1000RRはまた扱いこなせてないのでまだまだこれからやることがたくさんあるのですが、その中でもここまで良く感じているので相当高いポテンシャルのマシンだと思います。そのマシンを清成選手と二人でさらにセットアップを詰めていきたいと思います。
明日のトライアウトは自分達が全力を出し切って完走すれば自ずと結果はついてくると思っています。明日の決勝レースも全力で頑張ります。」

清成選手コメント
「35分間を裕紀と二人で走るので、タイムアタックもしつつ、明日の決勝に向けたセットアップを詰める作戦を立てていたのですが計測一周目で転倒してしまったので実現できませんでした。明日に向けた作戦どころか予選を通過するための予選となってしまいました。転倒は完全に自分のミスです。いつもよりもほんの一瞬ブレーキが遅れてほんの少しアクセルを開けてしまったようで急にリアが出てハイサイドです。新型マシンになって詰めるべきところはたくさんあり、チームのみなさんは寝るひまも無く作業していただいています。昨日も徹夜でバイクを仕上げてくれたのに計測もできないままに転倒してしまい本当に申し訳ない気持ちと自分に対して腹が立ちます。
明日は鈴鹿8耐のトライアウトをクリアして参戦権利を得ることを第1に考えて走ります。長いレースキャリアの中で初めての経験なので実はものすごく緊張しています。全力を尽くして上位でクリアできればと思います。
モリワキにはものすごく感謝しています。テストの回数も多いですし、体調管理・トレーニングも専任のトレーナーをつけてもらい、レースをするには最高の環境を整えてくださいます。その感謝の気持ちを結果で応えたいです」

"MORIWAKI MOTUL RACING" 復活 更に強固な関係へ

RELEASED:2017.2.1 PDF⇒DOWNLOAD

MORIWAKIのテクニカル・パートナーとして長年共に戦ってきたMOTULと更に強固な関係となり、2017年度より” MORIWAKI MOTUL RACING ” として ” MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000クラス ”及び” FIM世界耐久選手権シリーズ "コカ・コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース ”へ参戦致します。

MORIWAKIはフランスに本社を置く潤滑油・カーメンテナンスケミカルメーカーMOTULと1997年よりジョイント。現在まで強力なテクニカル・パートナーとして継続して共にロードレースに参戦して参りました。絶大な信頼を置くMOTULとMORIWAKIの関係を更に強固にし、万全の体制で今季を戦います。

2017年度、” MORIWAKI MOTUL RACING “の戦いにご期待下さい。

◆MOTUL様 プレスリリースより

・MORIWAKI RACINGとの強力タッグは、今年も健在 新型Honda CBR1000RR モリワキ改で”MORIWAKI MOTUL RACING”として全日本ロードレース選手権に参戦。今年は、世界耐久選手権シリーズ「鈴鹿8時間耐久ロードレース」にも9年振りに復帰。大幅な軽量化と出力向上を図ったマシンで、今年も素晴らしい雄姿を魅せてくれるでしょう。
MOTULは今年もMORIWAKI RACINGとのテクニカル・パートナー契約を継続し表彰台を共に目指します。

■ MOTUL オフィシャルホームページ

■ 2017年度 チーム参戦体制

  • ライダー
    高橋 裕紀(32歳)
     
    清成 龍一(34歳)
    マシン
    Honda CBR1000RR モリワキ改

2017年度 モリワキレーシング 参戦体制について

RELEASED:2016.12.21 PDF⇒DOWNLOAD

2017年、モリワキレーシングは”MFJ全日本ロードレース選手権 JSB1000クラス”への継続参戦、また2008年を最後に休戦していた”FIM世界耐久選手権シリーズ "コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース”へ9年振りに復帰し再び頂点を目指す事を発表させて頂きます。

ライダーは、2014年よりエースライダーとして共に戦い2年連続J-GP2クラスシリーズチャンピン獲得、2016年は8耐参戦を見据えJSB1000クラスを共に戦ってきた”高橋裕紀選手”、そして2003年に世界最高峰2輪車レースMotoGPへ挑戦、その後ブリディッシュスーパーバイク選手権へ戦いの場を移し歴代2位となる50勝を挙げ、なおかつ歴代2位となる3度のシリーズチャンピオンを獲得する実績を持つ”清成龍一選手”をチームメイトとして迎えます。また、新たにタイヤサプライヤーとしてPIRELLIとジョイントし、新しい挑戦もスタートします。

2017年度もモリワキレーシングの活動にご期待下さい。

■ 2017年度 モリワキレーシング参戦体制

ライダー
高橋 裕紀(32歳)
 
清成 龍一(34歳)
マシン
Honda CBR1000RR モリワキ改

■ 2017年度 参戦レース

◆2017年 MFJ全日本ロードレース選手権JSB1000クラス (全9戦 内JSB1000クラス 8戦)

4月 9日(日)
第1戦 筑波 J-GP2 / ST600 / J-GP3 ※J-GP2クラスは決勝2レース開催
4月23日(日)
第2戦 鈴鹿 2&4 JSB1000
5月14日(日)
第3戦 SUGO 全クラス ※JSB1000は120miles耐久
6月11日(日)
第4戦 もてぎ 全クラス
6月25日(日)
第5戦 オートポリス 全クラス
8月20日(日)
第6戦 もてぎ 2&4 JSB1000
9月10日(日)
第7戦 オートポリス 2&4 JSB1000
10月1日(日)
第8戦 岡山国際 全クラス
11月5日(日)
第9戦 第49回MFJ GP鈴鹿 J全クラス ※ SB1000は決勝2レース開催

◆2016-2017 FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ·コーラ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会

7月27日(木)
特別スポーツ走行
7月28日(金)
公式練習 / 公式予選
7月29日(土)
決勝出場チームフリー走行 / TOP10トライアル
7月30日(日)
"コカ・コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝

高橋 裕紀選手 コメント
「2017年も引き続きモリワキレーシングのライダーとして、全日本ロードレース選手権JSB1000クラスに挑戦します。来季もチームと共に多くのチャレンジを続けますが、鈴鹿8時間耐久ロードレースにモリワキが9年振りに復帰する年でもあります。今年は清成龍一選手がチームメイトとして決定しているので気が引き締まる思いで一杯です。車両も新型Honda CBR1000RRとなりますので様々な開発を進める必要が有り、多くの事を短時間でこなさなければなりません。タイヤもPIRELLIへスイッチし、色々な事を試さないといけないと思います。来季、最大のライバルはチームメイトになると思いますので、全力で挑み勝利を目指して頑張ります。これからも皆さん応援宜しくお願い致します!」

清成 龍一選手 コメント
「ホンダ、そして全日本への復帰が決まり、今からワクワクしています。モリワキレーシングで参戦するのは初めてですが、自分がレースを始めた頃から、懇意にさせて頂いており、森脇社長をはじめ、皆さんには家族のようにお付き合いをして頂き、大変お世話になっております。そのモリワキで参戦できることになり、本当に嬉しく思っています。チームの今後の計画が自分にとってとても魅力的なものであったので、決めました。ホンダに 戻れることも、決めた理由の一つです。鈴鹿8耐では高橋裕紀選手とペアを組むことになると思いますが、とても楽しみです。モリワキ、そしてHondaの為に、来年は優勝そしてタイトルを狙いたいと思います。
そして、一年を通して日本のファンの皆さんに自分の走りを見せれることに喜んでいます。応援よろしくお願いします!!」

森脇 護 総監督コメント
「まずはスポンサーの方々を始め、モリワキレーシングの活動を支えて頂いている全ての皆様へ御礼申し上げます。本年度は目標の一つ、2017年度鈴鹿8耐の頂点を目指す年としてマシンやチーム体制を整えるベく様々な準備を進めて参りました。今回、高橋裕紀選手に続き世界選手権で輝かしい実績を持ち、モリワキが目指している鈴鹿8耐の優勝実績もある清成龍一選手を迎え入れ、万全の体制で来季のレースに望める事を非常に嬉しく思います。高橋選手と清成選手同士はチームメイトとして戦った事もありますし、共に開発能力が非常に高いライダーですので新型Honda CBR1000RRの開発は急ピッチで進むことでしょう。今年で40回目を迎える鈴鹿8時間耐久ロードレースで優勝という華を添えられるよう、社員一同全力で戦います。皆様の応援宜しくお願い申し上げます。」